2010年06月14日

えっ?年利10%の投資?



今日はちょっとした投資情報をお伝えしたいと思います。

資金は10万円。年間1万円ほどの利益があがります。年利10%です!


さあ、あやしさ満点ですね(笑)



何をするかと言うと、


吉野家(9861)の株式を1株、買うのです。そして預株制度で預けます。

これだけです!

あとは、ほったらかしです。



では、これでどんなリターンがあるでしょうか。


まずは、年2回の配当です。そして年2回の株主優待券です。最後に、逆日歩です。


配当は1000円×2回で2000円(ここ数年の実績)。

優待は、300円券×10枚(3000円分)が2回で6000円分
(金券ショップなどで、5000円以上で売れます。)

これで現金では7000円以上です。
あと3000円はというと、逆日歩を期待して祈ります。自分ではコントロールできません。

逆日歩とは何か分からない方は、ネットで検索して下さい。


仕組みは、
吉野家の優待だけをゲットしたい人が、
権利確定日に、現物株を買って信用売りを行います。殺到します。うぎゃー!

信用売りが一気に増えたため、逆日歩が発生します。


ただし、
普通に現物株を持っていただけでは配当と優待だけで逆日歩は受け取れません。

現物株を預株制度で預けておけば、配当も優待も逆日歩も受け取れます。


預株制度があるのは限られた証券会社だけです。

預株制度をすると、信用取引が出来ないケースがあるため、
私はSBIで信用取引をして、松井証券で預株制度を使います。

※松井証券の口座開設は自己責任でどうぞ。



逆日歩がいくら発生するかは、誰にも分かりません。

過去のデータでいくと(数値はたぶんです)、

2010年2月 1株5700円
2009年8月 1株240円
2009年2月 1株2400円
2008年8月 1株120円
2008年2月 1株300円

年間3000円を超えるかどうかは、神のみぞ知るところですね。
今年は既に超えましたね。


ちなみに、2010年2月は逆日歩で少しだけ稼がせていただきました。

制度信用買いをすると、逆日歩が得られます。
翌日配当落ち1000円以上下がりますが、4700円の利益です。後日、配当1000円も入ります。
10株で47000円、100株で47万ですね。100株なんてリスクが高くて買えませんが。

まあ、今後ここまで逆日歩が多くなることはなさそうです。



ちなみに今は1株10万弱です。

優待は1株で10枚、10株で20枚です。
2株でも10枚なので、1人2株買っても効果は高くありません。1人1株までです。

ですが、1名義1株ですからね。家族は何人にいますか?そういうことです。

どうせ銀行預金で持っておくなら、少しぐらいここへ回しても良いと思います。



一応、リスクについても触れておきます。

リスクとしては株価の変動は当然あります。
それに、牛丼チェーンでは押され気味の吉野家ですから、何があるか分かりません。


2007年までは1株20万前後でしたが、サブプライムからリーマンショックにかけて7万弱へ。

その後10万前後で推移しつつ、
他チェーンに押されていること、そして欧州不安によって再び9万弱へ。

今は底値圏から少し戻したところです。
最新の四季報での予測数字が良いので、情報が流れ始めた頃から戻してきています。


10万以下で買えるのは、ここを逃すとこの先しばらく無いような気もします。



株価は権利確定翌日にガクンと下がりますが、また持ち直します。
気にせずほったらかしで持ち続けましょう。



ちなみに不動産と関連づけてみます。

う〜んと。


吉野家の優待なら、営業さんに「これ良かったら使って!」とあげちゃうのも良いですね。

今年の優待券です↓
a0228.jpg


銀行にとっては、換金性の高い株式は、金融資産として評価されます。
家族3人分30万は、ほぼそのまま資産として評価されます(時価で評価されます)。

実際、必要な時には数日で換金できますし、

次の自己資金として使う時には換金しちゃえばいいと思います。



銀行に資産として評価されるかどうかは、換金性が高いかどうかが重要です。


国内の上場株や投資信託のように換金性が高いものは、ちゃんと評価されます。

逆に、上場されていない株式だと、換金性が低いため担保価値は低いです。


海外はどうでしょう。

海外のヘッジファンドは換金性も高く、評価はしてもらえますが、
リスクや一定のロックされている分を考慮されて、
結果、70%とか実際より低く評価されるでしょうか。銀行にもよりますが。

不動産でも、海外のランドバンキングなんかは換金性が低く、無いに等しいでしょう。


そんな感じで、

少なくとも国内の上場株式なら、
よほど市況が不安定でもなければ持っていてもマイナス評価はありません。


活用し切れていない余裕資金があれば、
10万20万を吉野家で持っていても良いと思います。いかがでしょうか??



私は2月にこのやり方を知って松井証券を開設しました。

どのタイミングで買うかを探っていたら、どん底から反転してしまいました。

ほんとミスりました。コンチクショー!

まあ、まだ安値圏だとは思うので、近々仕込みたいと思います。


最後に。

今日の内容に私は責任を一切持ちません。
すべて自己責任でお取り組み下さいませm(_ _)m

リターンは普通ですが、リスクも低いってコトです。

たぶん他の人気優待銘柄でも同じようなことが可能だと思います。
問題は、今の株価がどの水準か?ですね。

どん底の吉野家だから今がお薦めです!
いや〜、
吉野家の株がどん底の時に紹介できれば格好良かったのですがね(笑)


他にいい銘柄があれば、ぜひ教えて下さい!!



今日は逆日歩が分かる人かどうかで、受け取り方が違うのかな??

ではでは!


      ↓おや?↓  
br_decobanner_20100527040402.gif
posted by がんも at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。