2010年05月07日

キッチンのカッティングシート貼り3「施工から完成まで」


キッチンにカッティングシート。
おすすめの「メタリックブルー」を貼っちゃいます(5/1の記事参照)。

今日は画像が多いです。


完成図
a0149.jpg


施工前
a0087.jpg


道具
a0088.jpg


順番に見ていきましょう。

1.取っ手を外して掃除する。
2.キッチンの大きさに合わせてシートを切る。
3.貼る前に小さなゴミなどをキレイに取り除く。
4.シートを貼って端をキレイに整える(ドライヤーを使うと楽です)。
5.新しい取っ手を取り付ける。
6.気泡によるボコボコを処理する。


1.取っ手を外して掃除する。

取っ手は裏側のビスをドライバーで外すだけ。
外した跡は汚れてるので掃除します。
完璧には取れませんが、落ちる汚れは落とします。水拭きまたは簡単な洗剤で。

他の箇所も汚れがあればキレイに落とします。
小さなゴミや油カスによる凹凸はかなり目立ちます。
凹みはそこまでではありませんが、凸はめっちゃ目立つので必ず取り除きます。

a0089.jpg



2.キッチンの大きさに合わせてシートを切る。

キッチンの端がどうなっているか?
どこまでシートを貼るか?これによって少し違ってきます。

表面だけ貼ればいいキッチンならとても簡単です。
表面だけでなく、写真↓のように扉の横面なども貼る必要があると少し手間です。
手間ですが、どこまでシートを貼るかで出来映えは大きく変わります。
妥協しすぎは安っぽくなるし、やりすぎも面倒です。ほどほどに(^^;)
a0156.jpg


シートは、面+両端の処理分より少し大きめに切ります。
慣れてくると、片側をピッタリ合わせて貼った方が楽になります。



3.貼る前に小さなゴミなどをキレイに取り除く。

しつこいですが、付着している小さなゴミやホコリを再度取り除きます。
それだけこの処理が大切ってことです。

さあ、貼っていきましょう。
a0117.jpg



4.シートを貼って端をキレイに整える。


ここで一つコツですが、
そのまま貼ると気泡がたくさん入ってしまいます。
自分でも驚くほどボコボコになります(笑)
気泡が入らないように何度も張り直しながら貼ってもいいのですが、
シートが痛む可能性もあるので少し工夫をしましょう。

それは、食器用洗剤を加えた水を霧吹きで吹きかけます。
扉とシート接着面の両方に適度にかけましょう。
こうすることで、貼ったあともシートを動かすことが可能です。
そして気泡も隅まで移動させて取り除くことが可能です。

ちなみに、ダイノックシートなどの値段が高いシートは
この気泡対策がされているので施工が非常に楽になっています。
うらやましい限りです。


さて、シートを貼りましょう

ハイ(洗剤水を吹きかける)
a0118.jpg
ハイ
a0119.jpg
ハイ
a0120.jpg
ハイ
a0121.jpg



<★ここ重要です★>

端を写真↓のようにキレイにするため、
a0131.jpg

一番目の立ち上がりでキレイにあとを付けておくことが重要です。
a0122.jpg



ここがプロ仕上がりになるか素人仕上がりになるかの分かれ目ですね。
出来映えを大きく左右する点ですので気をつけましょう。コツの2つ目ですね。

最初は何も分からず貼っていったため、素人仕上がりになって笑われましたぞ。



そしてどんどん貼っていきます。

a0124.jpg


すぐに端を最後まで貼らないのは、
洗剤水が少し乾いてしっかり接着するのを待つためです。

最後まですぐに処理しようとすると、浮いてしまいます。
浮くってのはどういうことかと言うと、説明が難しいので省きます(笑)
実際にやってみるとよく分かります。
とにかく、
洗剤水を使った場合は少し間を置いてから処理しましょうってことで。


(後日の追記ですが、シートの端をドライヤーで温めると作業がとても簡単になります。もっと早く気付いていれば・・・ぎゃー)





面がせまい所は、洗剤なしで貼っても大丈夫です。
チカラ加減でキレイに施工できます。
a0125.jpg




最後に、カッターで余分な端をカットしていきましょう。

カッターは値段が高くても切れ味が良いカッターを使ってください。
ここはケチってはいけない所ですね。

へらを当ててチカラを抜いてカットしましょうね。刃の角度も重要です。
私も最初は結構失敗しました。

ここは写真がありませんでした。すみません。



5.新しい取っ手を取り付ける。

新しい取っ手をドライバーで取り付けるだけです。
洗剤水が乾いてしっかり接着してからにしましょう。

a0145.jpg


ハイ
a0133.jpg

ハイ
a0134.jpg

ハイ(ピンぼけ)
a0135.jpg

ハイ
a0137.jpg


befor
a0146.jpg

ater
a0144.jpg



6.気泡によるボコボコを処理する。

どんなに気泡を取り除いたと思っても、どうしても気泡は出来てしまいます。
こんな場合はカッターで気泡を抜いて目立たなくしていきます。

雑に施工すると、結構残っていたりします。かなり凹みます(笑)





はい、以上で完成です。

材料費が約3000円、施工時間2〜3時間でこうなります!!


befor
a0087.jpg


after
a0149.jpg


ケチって3000円のセルフリフォームで安く仕上げたわけですが、
ここで節約したお金はこだわりの設備に回しましょうね。
何度も言いますが、格安リフォームとこだわりリフォームはセットです。

け、決してドケチをフォローしているわけではありませんよ(^^;)


こだわり設備はたとえばこんな設備がおすすめです。、

ホース式混合水栓(4/20の記事)
録画機能付きTVドアホン(4/23の記事)
センサー付きキッチンライト(4/25の記事)


   ↓ポチッ↓  
人気ブログランキングへ

ではまた
posted by がんも at 00:39| Comment(5) | TrackBack(0) | ☆カッティングシート活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

キッチンのカッティングシート貼り2「1部屋3000円で素敵なキッチンに!!」


キッチンにカッティングシートを貼ります。

私のおすすめシートは「メタリックブルー」です。
ツヤがあって反射もするので高級感があります。

原色だと目が疲れるし、濃くなってしまいます。
それに少し安っぽく感じる気がするのは私だけ・・・?

単身向けならまだしも、ファミリー物件では原色は避けたいですね。


で、メタリックブルーのシートですが、


前にも玄関のシューズラック(4/13の記事)で紹介した「d-c-fix」の
「メタリック・青無地」です。

a0065.jpg

Re-Wall店http://www.rewall.co.jp/
メタリック・青無地のページへ

(巾90cm×15M巻)が今なら65%引きのようですね。

前は50%OFFだったので、さらに安くなってます。
まとめ買いした自分が悲しい・・・(^^;)


ファミリー向けのキッチンで、だいたい90cm×2.5mほどでしょうか。
15mなら6部屋分ですね。

6部屋で7000円なので、「1部屋約1200円」。
そして取っ手(ハンドル)が1個約300円×6個で「1部屋約1800円」

つまり、「1部屋約3000円」の材料代で、

これが
a0087.jpg

こうなります。
a0149.jpg

費用対効果はバツグンだと思いませんか?


取っ手は安いモノだと100円ちょっとなので、2000円以下でも収まりますね。



あとは人件費ですが、施工時間はおよそ2〜3時間ほどでしょうか。

業者に頼むとまだまだ値段が高いので、今は自分でやってしまいます。


ちなみに。

いずれは専門で人を雇って、リフォーム一式を任せたいですね。

大家さんが集まってリフォーム業者を立ち上げる。
自分たちの物件は原価で施工して、外部からの受注で人件費分は稼ぐ。
これが一番効率的なんじゃないでしょうか。

ただ管理会社を敵に回してしまう可能性がネック点ですかね。




さて。

道具はこんな感じです。
a0088.jpg


キッチンの大きさに合わせてシートを切る。
取っ手を外して掃除する。
貼る前に小さなゴミなどをキレイに取り除く。
シートを貼って端をキレイに整える(ドライヤーを使うと楽です)。
新しい取っ手を取り付ける。
気泡による粒を処理する。


明日以降、詳しく手順を見ていきます。


ちなみに。

取っ手(ハンドル)はホームセンターでも売ってますが、私はネットでかなり探しました。

値段と見た目を比較しながら、
結果的にはこちらの店のスリットハンドルにしました。

大量発注でお願いしたら結構な割引をしていただけ、ありがたかったですね。

「DIYパートナー」http://diy.b-smile.jp/consumer/
商品番号:0199-00079
 商品名:スリットハンドル

他にも安い商品はたくさんあります。
自分なりにキッチンのイメージと合う品物を選べば良いと思います。

あ、あとはビスの間隔も調べてから買いましょうね。


ではまた

人気ブログランキングへ


posted by がんも at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆カッティングシート活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

キッチンのカッティングシート貼り1


格安バリューアップの定番であるカッティングシート。
今日から数回に分けてキッチンの施工例を書いていきます。


早速ですが、これが施工後の写真です。
a0149.jpg


昔は他の色も使っていましたが、今はこのシート柄しか使っていません。

格安なシートを使っているので、以前は気泡によるブツブツで大変でした(汗)。
これはちょっとした工夫で解決できましたので、
そこも含め紹介できればと思います。


ちなみに、これが施工前です。
a0087.jpg


別の角度からも。

befor
a0083.jpg

after
a0139.jpg



取っ手もネットで購入したモノに取り替えてます。

befor
a0051.jpg

after
a0148.jpg


値段は格安です。
カッティングシートはやはり費用対効果の大きいリフォームですなー。
毎度言ってますが、ここで抑えた費用を他に回しましょうね!

施工手順などは次回以降に取り上げていきます。


どうぞクリックしてお待ち下さいませ。
人気ブログランキングへ
早くアップしろ!という催促クリックもお待ちしております(笑)

posted by がんも at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆カッティングシート活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

たった160円でシューズラックをイメージアップ!


格安バリューアップの玄関編です。


玄関は内見時に最初に見る場所。これがかなり重要です。

玄関での第一印象、部屋に入った時の印象、
この2つの印象でほとんどが左右されると言われてますよね。

玄関では何より印象アップが大切です。



この写真はちょうど先日退去した部屋です。
a0020.jpg


どこにでもある普通のお部屋です。何もせずに決まれば一番いいんですけどね(笑)


右手前のシューズラックは賃貸によく品物ですよね。

まずはこれをイメージアップさせるため、カッティングシートを使います。

カッティングシートにもピンからキリまでありますが、
代表的なのは、住友3Mのダイノックフィルム、サンゲツのリアテック、
シーアイ化成のベルビアンあたりでしょうか。


裏面の空気が抜けやすく、施工性が楽な物ほど高い気がします。
でも、ここには安物で十分です。
私が使っているのは↓ここで買った「d-c-fix」なるシートです。安いです。
http://www.rewall.co.jp/

特に狙い目は在庫処分品です。激安!!


使う道具はたったのこれだけ。
カッターと定規(長さを測れるモノならなんでもOK)。
a0055.jpg


1.棚の幅と同じ長さでカット
2.裏面のシールをはがして貼る(何度か張り直してようやく真っ直ぐ貼れます)
a0058.jpg

3.角に折り目をつけて処理していきます。
a0060.jpg


以上で完成です

before
a0020.jpg

after
a0062.jpg


私がシューズラックに使っているのは大理石のコルテス[白×ベージュ系]です。

楽天のRe-Wall店もあるようですが、商品が限定されているようです。

楽天ポイントが付かないのは残念ですが、
直接、本店で購入した方が一番安く仕入れられると思います。
http://www.rewall.co.jp/


さらに、この大理石調の棚に、
小さい観葉植物や写真立てなどを飾り付けるとさらにイメージアップします。
飾り付けはまた後日ピックアップします。これがまたいい感じで仕上がりますよ。


ちなみに、この大理石のシートは今なら

巾90cm×210cm巻(1,490円)
巾45cm×15M巻(5,890円)
巾90cm×15M巻(セール!11,790円→半額5,895円!!)
で売っています。

1回45cm×80cmとして370円〜330円、セールを利用すれば160円ほどです。

プラス人件費ですが、それでもかなりの激安でしょう。しかも簡単です
いかがでしょうか??


明日以降のバリューアップとの組み合わせで、さらにイメージがアップします。

お見逃しなく!!


参考になったと思ったら、ぜひクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
明日もがんばれます。

posted by がんも at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆カッティングシート活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。