2011年04月26日

身軽なスタンスで



しばらく前ですが、本質をついた話を聞きました。



収入が増えても「生き方」はあまり変わらない!

自由な時間が増えれば「生き方」は変わる!


・・・これ、かなり重要なことだと思いませんか??




20年30年かけて進んだ道が、実は求めている結果を与えてはくれなかった。

ほとんどの人がそうなんではないでしょうか??


分岐点は今です。





ところで。

自由な時間を叶えてくれるのは何でしょうか??


パッと考えたところでは、

「複数の安定収入源」と「身軽なスタンス」だと思います。



昨日はビジネスを持ちたいと書いていたわけですが、

ビジネスを持つと、常にビジネスを稼働させなければいけません。

従業員が増えれば、給料を払うための最低限の稼ぎも必要です。

ビジネスを簡単に止めることも出来ません。


これでは身軽とは言えません。矛盾ですね。




しかし、それは日本での常識。


アメリカに行ってきたわけですが、

ビジネスの売り買いする市場がしっかり整ってるわけですね。


ほんとそこは、素晴らしいと感じました!!

出口が取りやすいわけです。

そして当然、始めるのも日本に比べて簡単です。


たとえば。

日本で高い飲食ノウハウを身に付け、

実際にビジネスを展開するのは、海外で!


おー、少し矛盾も減りましたかね(^^)v

posted by がんも at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

時代は変わる。



4月1日から新年度が始まりました!(って、もうすぐ4月は終わりますが)



特段、何かが変わるってことはないのですが、

節目節目を利用して、気持ちを切り替えることって大切です。


そんなワケで、

次のステップを意識して「海外」に行ってきました!



正直、こんな時にという気持ちはありましたが、

日本の歴史的な節目。自分も大きく変わらなければイケマセン!


高校の時に行って以来の海外でしたが、

いやはや得るものは多かったです♪♪♪



今後は、ブログも思いついたままに書いていこうと思います。

気楽に楽しむ感じで♪


海外で気付いたことも、追々記事に盛り込みまーす!






で、ここからは、タイムリーに聞いた話で思ったこと。



今は時代が大きく転換しつつあり、超長寿命の時代に突入しつつありますよね。

ES細胞やなんかで、100歳150歳は当たり前って時代も不思議ではありません。


想像しがたいですが、20年前の携帯電話みたいなもんです。

いずれ実現します!




今までのような60歳、70歳で寿命を迎える時代であれば、

30代、40代でアーリーリタイヤを目指し、楽しい余生を!!


これが何よりも念頭に浮かびますが、

100歳150歳まで生きるとなれば、次なる生き方が求められてきます。


「アーリーリタイヤ」を目指して頑張っていた時代は、既に過去になりつつある!!

今は「生涯現役を目指す時代!!」なわけです。


80歳でも100歳でも、元気に楽しく生きていくためには??



人それぞれ色々あるでしょうが、

健康は今から準備を始めないと適わないでしょう。

そして、ビジネスノウハウも身に付けるまで時間が必要です。



今のご時世を考えると、

不動産でぎりぎりのアーリーリタイヤを実現しても、まったく盤石ではないです。

リタイヤメントを維持するために別のビジネスと組み合わせる。

そして何より、ビジネス自体で楽しみたい!!


100歳150歳の時代は「生涯現役」がテーマですからね。


50歳でリタイアして、残り10年20年をどうするか??

いえいえ、あと50年100年どうすんの??って時代が来るわけです。


不動産はもちろん。

ビジネスノウハウを今から身に付けて、攻めのリタイヤを実現したいですね。

ラベル:その他 資産 お金
posted by がんも at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

2010年で気付いたこと



不動産にのめり込んだ2010年。


そして不動産以外にもおいしい投資先があると分かってきた2010年。
(ブログではあまり取り上げてませんが)



不動産だけで資産形成も可能だと思いますが、

不動産と組み合わせることで、

より早くより大きくより確実に資産形成が可能かもしれません。



・・・あっ、なんか分かったようなこと書いてますが、

実際のところよく分かりません(^^;)



一つだけ言えることは。


不動産からある程度の収益が確立できると、

これまでは投資対象外だった分野へもお金を注ぎ込む余裕が出てきます。



ある意味、

不動産投資が最終目的ではなく、

不動産で安定した基礎を確立して、他の分野へも投資を広げていく。


そのための不動産投資なのかもしれません・・・。



少なくとも、

不動産にのめり込んでしまい、不動産投資以外をすべて否定してしまう。

これだけは避けたいところです。



さてさて、2011年はどんな年になるでしょうか。



まずは、事故って愛車が使えなくなったので、新しい車を探さねばなりません。ぎゃー


ラベル:資産 不動産
posted by がんも at 01:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 投資の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

成功をつかむため必死になる。当然です。



我々の立場で考えれば、不動産は「お金を生み出す仕組み」です。


お金を生み出さなければ意味がありません。


きたない言い方ですが、事実でしょう。




そんなお金を生み出すための不動産投資ですが、

リスクを取るからリターンも得られます。


そもそもリスクのない不動産投資なんてありません。


リスクが嫌なら、手を出さなければいいだけです。



借入自体が「悪」なんじゃない。

巨艦RC物件が「悪」なんじゃない。

築古ボロボロが「悪」なんじゃない。


どれだけのリスクとリターンがあるのか?

そのリスクに見合わない投資、それが「悪」なのです。



RCが正しいとか地方はダメだとか、

そういう偏った結論を求めてはいけないと思います。



どうすればこの案件を成功に導けるのか?

どういうリスクがあって、どう対処すれば成功させられるか?



対処可能なノウハウや知識を増やしていって、


リスクに見合う案件に手を上げる。

満足できるリターンの案件に手を上げる。

目的地に近づけてくれる案件に手を上げる。




毎回、ダメなポイント探しばかりでは、いつまでも前には進めません。


成功に導ける範囲をどんどん広げていって、

なんとしてでも成功をたぐり寄せるのです。



やると本気で覚悟を決めたなら、やるっきゃないでしょう。



物件も他人の意見も、ダメなところを探して喜んでも意味はありません。

そんなヒマはありません。


ダメなところはどうすれば対処できるのか??

その意見に少しでも参考にできる要素はないか??


そう考える方が成功する確立は高まるでしょう。



もともと身の丈以上のステージに手を出すわけですからね。


身の程をわきまえて、失敗しないために必至になる。

これのどこが悪いのでしょうか。

恥じる必要はありません。





ちなみに『歎異抄』からの学び。


すべての人に正しいと言われることはあり得ません。その方がおかしな状況です。


意見に反対が出ている方が自然で適正な状態です。



なので、反対派を説得して批判をなくすことに意味はありません。


RCフルローンに批判が出るのも、現金買いにさえ批判があるのも、すべて自然です。


批判を説得することに意味はないでしょう。

意見や見解が食い違う方が人間らしいし、自然な現象です。


ただ、

批判を無視するのではなく、その中にも参考になる要素はないか。


失敗は出来ませんから、批判意見からもどん欲に学んで、自分の成功に繋げる。

そんな必死さで、成功を掴めばいいのだと思います。

何も恥じる必要はありません。



大切なことは、

批判を避けたり反対派を退けることにエネルギーを使いすぎないこと。

成功するために時間と意識を配りましょう。


これが正しいとか、あれがダメだとか、そこにこだわる必要はないってことですね。

posted by がんも at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

モチベーションが保てない??



ここ最近、ワールドカップで完全に夜型人間になってしまいました(^^;)

かなりウダウダやってましたが、
それでも収益が発生してくれるのが大家業ですからね。

ほんと恵まれたビジネスモデルです。



そんな大家業ですが、

入居が決まったり、退去が発生したり、

自分ではコントロールしきれない面も多々あります。


特に。

怠けると悪い知らせがあったり、懸命にやってると良い知らせがあったり。

・・・ほんと不思議です。


そんなもんですから、

大家業を始めてからは、
だんだん悪いことが出来ないようになってきた気がします。

自分に負けて、思いっきり怠けはしますが・・・(^^;)



最近は、久々に「株の空売り」をしようとしましたが、
なんか悪いことをしているような気分になって、やめちゃいました。

ここしばらく、空売りで儲かる相場だったんですけどね。。。

ほんと困った自体です。




でも考えてみれば、何が良いか悪いかはその人によって全然違います。


詐欺だって、悪いと一切思わずにやっている人もいますし、

おかしな宗教団体だって、まさか自分たちが変だとは思ってないでしょう。

株自体を悪だと言う人もいますし、
不動産投資を悪だと思っている人もいます。

金儲けが悪だと思っている人もいますよね。



経験によって知らないうちに形成された善悪の基準。

これは人によって千差万別ですが、

結局は、この基準に従って判断と行動を繰り返していくわけですからね。


基準がヘンテコだと、行動もヘンテコ、結果もヘンテコになっていく。

基準が良ければ、行動も結果もついてくる。


そうなると。

これからの人生、
自分が望む人生にするためには、こういった基準自体を見直すことが大切ですね。


成功に近づく行動を選んでしまうように、自分の基準を作り替える。

成功に近づく行動に、より良い感情が生まれるように基準を作り替える。



とりあえず、

今は怠け癖がなくなるように自分の基準を変えたいと思います。


う〜ん、どんな基準でしょうかね??・・・あはは、さっぱりです(^^;)


たぶんですが、

上手くいった場合のご褒美をイメージできないのが致命的かもしれませんね。

本気で求めているモノが分かってない。

自分が本気でしたい生活イメージがない。

どんな人間になりたいかがはっきりしない。

強い動機付けがどこからも湧いてこない・・・



以前は、このままではまずいという強い危機感が動機付けとなりました。

今は現状で利益が十分得られるので、

危機感が少ないです。動機が湧き起こってきません。

楽な方へ楽な方へと、流れてしまっています。あへあへあへo(´д`)o



「不動産はモチベーションを保つのが大変だ」と先駆者様が言ってますが、

ずばり、この現象かもしれませんね。


対策として。

ブログで対外的に開示することで、
「やらなきゃいけない」という想いも少しは生まれます。

ネットや大家業界で活発に活動することで有名になる。
セミナーに参加してモチベーションを高める。
大家仲間を通してモチベーションを高める。


しかし、これらの動機ではやはり弱いです。
一時的でしかありません。
長い人生、ずっと成長し続けられるような強い動機付けではありません。



そうなると。


やっぱり、無理矢理一時的な動機を用意したってダメですね!

自分が心の底から強く強く求めるモノ!!

これを明確に意識しない限り、今後の人生は飛躍しない気がします。




まずは、自分の強く強く求めるモノを明確に認識する。

そして、
求めるモノの実現に近づく行動に、良い感情とご褒美をリンクさせて、
無意識で実現に近づく行動を取るように、自分の基準を作り替える。


色んな啓発本にこんな感じの内容が載ってた気がしますね。

でも、言われてそのままやるよりも、
自分から必要性を感じた時にやった方が、効果は大きいような気がします。

ようやくその時が来たんだと思います。

この機会に自分を革新したいと思います!


ちなみに。
私はまだ結婚してないですが、
結婚してる人や子供も生まれている人にとっては、
新しい家族が動機付けになっているのかもしれませんね。


だらだらと書いてしまったので、まとまりがなくなっちゃいました。

また心機一転、頑張っていきます。
ラベル:空回り その他
posted by がんも at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

資産形成を本当に考える必要はありますか?必要は実践の母なり。

誰しも「資産を増やしたい」「資産形成しなきゃ」「将来が心配・・・」
なんて思っているとおもいますが、

実際のところ、その対策を実行している人は少ないです。
(昔の自分もそうでした)



なぜ実行していないのか?



A.どうすればいいか分からない・・・方法は調べましたか?

A.仕事が忙しくて調べる時間がない・・・本当は必要だと思ってないんですね

A.勉強中です・・・どんな状態になれば次に進みますか?自己満足ですか。

A.そもそも今はお金がない・・・それは自分への言い訳ですか?

A.銀行員に勧められた○○をやっている・・・・その方法で本当に資産は作れますか?

A.あなたに言われたくない・・・・・・・すみませんでした



と、まあ、昔の自分はこんな感じだったかもしれません(笑)



なぜ実行できないのか?


実は「必要性」を分かっていないんだと思います。


本当に必要だと思っていれば、いくらでも勉強や調査をする。
それこそ成功者に突撃訪問してでもどうすればいいか調べます。
そして計画をたてて実践するはずです。


私の周りにも、「不動産をやってみたい」なんて人もたくさんいますが、
なぜやりたいのか認識していなければ、おそらく出来ません。


危機感や強い願望から来る「必要性」を実感していない限り、難しいのです。





人は保守的な生き物で、本能的に変化を避けようとする。

一般的にこう言われていますが、まさにそうだと思います。



とりあえず仕事をしていれば今は食べていけるから、後回し・・・
(だって、勉強や調査って大変だもん)

リスクを取って何かを始めるよりは、このまま同じレールを進んだ方が楽・・・
(普通に仕事が出来ている人の方が、その枠にとどまってしまう傾向が多いらしい)




変化や多大な労力をいとわず実行するには、
その必要性を自覚していないと出来ません。そして続きません。


本を読んで「自分にも出来るかも♪」と思っても、3日後には忘れています。

セミナーに出て「よし!自分も!」と思っても、続きません。

実際、昔の私は出来ませんでした(笑)




どんなことでも、その「必要性」を自覚できているかが大切です。


あなたは資産を増やす必要性を自覚していますか?

資産形成をなぜしなければいけないのか自覚していますか?

なぜ不動産投資を行いたいのか自覚していますか?




私は前にこんな質問に出会いました。


Q.老後は年金だけでは生きていけない、この事実を本当に理解しているだろうか?

Q.定年まで働けば国が死ぬまで面倒を見てくれる。今まではそんな社会だった。
しかし、既にそんな社会は終わった。自分で防衛策を考えなければいけません。
・・・・本当に理解していますか?


A1.はい、理解しています!(本音:そんな先のことはわかんねぇよ・・・)

A2.はい、自覚しています。なので本気で取り組んでいます。


私はようやく、後者の答えを言えるような気がします。・・・たぶん。



本気で必要性を自覚しなければ、人は動かない

必要性を本当に自覚したならば、次のステージに「スムーズ」に進めると思います。



今思うと、私は違う理由で「必要性」を感じていました。
だから本気でスタートが切れたのだと思います。

偶然とはいえ、これから始める方にはぜひともこの大切さを分かって欲しいと思います。
ラベル:不動産
posted by がんも at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。