2011年12月01日

LEDは電球色がオススメ♪



LED交換に関して追記です。
11/16「LEDの効果はいかほど??」


直管のLED蛍光灯(20W型)ですが、

昔はクリアタイプがほとんどでした。

たぶんですが、乳白色のカバータイプだと明るさが確保出来なかったのでしょうね。



最初に導入したのがクリアタイプ(2年以上前)。

次にカバータイプの昼光色(今年の6月)。

つい最近ですが、カバータイプの電球色を導入しました。

※それぞれ別の建物です。



結論としては、間違いなく乳白色カバータイプの電球色だと思います!


なんとなくですが「高級感」が出ます!


こんな感じ。

P1030619.jpg

写真では伝わりにくいですが、

現地で両方の光を比較するとすごい分かります。


他の建物も電球色に交換したいくらいですね。


みなさん!アパートの共用灯は電球色のLEDがオススメです♪




posted by がんも at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

LEDの効果はいかほど??



今年の6月頃ですが、

LED蛍光灯20Wの直管を6本、交換しました(アパート1棟)。



電気料金は、

以前 9500円前後

以後 6000円前後

ということで、3000円以上の節約効果がありました。

※電気料金には水道ポンプなどの電気代も含まれています



しかも、虫や蜘蛛の巣が減ってさらにプラスの効果です。


そんなLEDですが、

今は値段も下がってきて1本3000円以下!

今回は6本なので、たった半年で回収ですね。



グロー球を外して取り付けただけなので、

安定器を通さない直結工事をすると、電気代はさらに安くなるでしょう。




2年ほど前は安くても4000円〜5000円以上でした。

しかも、2年の間に30本中すでに5本が不良で交換(^^;)



普及してきた今ならもう少し品質も向上しているはず??

値段も下がったので、不良が出たとしてもそれ以上の効果ですね!


ってことで、そろそろ買いの時期ですね。



ただし!

リスクがあるとすれば、LED蛍光灯が外れて落下した場合です。


普通の蛍光灯とLED蛍光灯は形はほぼ同じですが、まったくの別物です。

蛍光灯を取り付ける「器具」に本来とは異なる製品を取り付けるわけですから、

落下に対しての責任は器具メーカーにはありません。


施設賠償責任保険でも、

製品を本来と違う使い方をしているわけですから、

保険の対象になるのかは不明です。




一応、この2年間落ちたことはありません。

しかし、可能性はゼロではないのですべて自己責任ですね。

以前、大手メーカーが直管に参入しないのもこれが理由だと聞きました。



取付器具もLED対応に交換すれば解決しますが、

さすがにお金が掛かりすぎてしまいますよね。



費用対効果バツグンのLED蛍光灯、導入は自己責任でどうぞ(^^;)



posted by がんも at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

おすすめの備え付けアイテム!



今日は、私がおすすめのアイテムを一つ紹介します!


前にこれを取り付けて好評でした。

ただ、ちょっと値段が高めかな?とケチってしまい、その後は躊躇してました。


でも、やっぱり本物にはそれだけの価値がある!!

そう考え方が変わりましたので、早速また導入したわけです。
今は、躊躇していたことを後悔してますね。反省です。


で、そのアイテムですが、

知ってる人も多いと思いますが、アンブラ(umbra)の「カビーフック」です。



取り付けると、こんな感じになります。

a0239.jpg

a0238.jpg

賃貸では原状回復が求められますから、
入居者が勝手に造作をすることは難しいですよね。

なので、あらかじめ大家さんが便利な造作や備え付けアイテムを提供する。

これが差別化の一つの要素だと思います。

イケアの鏡なんかも備え付けアイテムの一つですよね。


取り付け方法も簡単です。
石膏ボードの壁なら、アンカーを利用すればすぐできます。

→4/19の記事「これぞ格安の定番IKEAのくねくねミラー(笑)」参照。



価格は3990円、今考えれば安いですよね。


それまで1000円〜2000円ほどの工夫をいくつも導入していたので、
感覚がかなり狂っていました。

ちなみに。

アンブラのブランドでは「フリップフック」も有名ですよね。



ただ、これはまだ値段が高いように感じます。
もう少し安くてもいいような気がしますね。

実は、このフリップフックにあり得ないぐらい似ている商品も最近見つけちゃいました。
値段は長い方でも2000円弱。本物には偽物が出回るいい証拠ですね。


今後も色々と試しながら、良いアイテムを見極めていきたいと思います!

参考まで。
posted by がんも at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

絶品センサー付きキッチンライト!!


私のおすすめキッチンライトがこれです!!

コイズミのキッチンライト流し元灯(ABN547209)





付けるとこんな感じ。
a0154.jpg



交換前はこんな感じで紐が汚くイメージが悪いです。
a0040.jpg

※キッチンの色が変わっているのはカッティングシートを貼ったためです。
これは後日取り上げたいと思います。



昔ながらのキッチンライトだと、

スイッチの紐が微妙に邪魔
紐がなんとなく油っぽくて汚いイメージがある
濡れたままの手でスイッチに触りたくない
そして手を洗い終わったあともスイッチの紐に触らなきゃいけない

ぎゃー!!なんとかしてぇー!!


これが入居者の本当の声ですが、賃貸だから仕方ないと我慢しているのです。

特にファミリー物件の主婦や単身物件の女性に多いでしょう。
男の単身はあまり気にしないかもですね。


おすすめしているキッチンライトは、
スマートなフォルムでさらに手を汚さないキッチンライトです。

こんな風に手を近づるだけでスイッチのON/OFFが可能という優れもの!

a0155.jpg
(またまたキッチンの色が変わっているのは以前撮った別の部屋だからです)


そして「知り合いに自慢できる!」ここをアピールできれば結果に繋がります。



値段は通常のキッチンライトが1000円〜2000円ほどですが、その数倍はします。
でも値段の絶対値は安いですから、この投資には価値があります。
毎日使う設備ですし、ここはケチらない方がいいと思います。

いかがでしょうか?

毎日立つキッチンだからこそ、気持ちよく生活していただきたいものです。

汚れたキッチンライトを新品にするだけでは芸がありませんよね。

おすすめです。


明日以降は再び格安でのリフォーム事例を紹介したいと思います。
格安リフォームで抑えたお金をこだわり設備に回しましょう。これでバッチリです♪
人気ブログランキングへ

posted by がんも at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ドアホンを交換するなら絶対に録画機能付きがおすすめ!



昔から大家業をやっていたわけではないので分かりませんが、
これまでのドアホンの流れはこんな感じでしょうか?


チャイム → ドアホン → TV付き → 録画機能付き → 最新は携帯連携??

違ってたらすみません。


でも、今やカラーTV付きでも付加価値がない時代になってますよね。

ついてて当たり前って感じなんで、
チャイムやドアホン物件だと交換するケースが多いと思います。

そこで、どうせ代えるなら録画機能付きの商品にしましょう!

値段はそれほど変わりません。

少しケチって1万円以下の普通の品物を付けるより、
もう少し出して録画機能付きをつける。
録画機能ありなしの差が数千円なら、費用対効果は大きいと思います。

それに一度交換しちゃうと再度のバリューアップは相当先でしょうからね。


あっ、録画機能付きっていうのは、
訪問者の画像が録画される機能で、
留守中の訪問者もバッチリ分かる優れものです。


ちなみに私が付けてるのは、

パナソニックのVL-SV30X。



befor
a0041.jpg
after(別の部屋)
a0153.jpg


アピールの仕方はたとえばこんな感じでしょうか。


大切な人が訪ねてきていたのに、あなたはその事実を知るよしもなし・・・
このアパートならあなたにそんな想いはさせません!みたいな感じで、
アパートが生活を全力でサポートしてる感を出していく。

そして入居者に自分が住んだときの生活をイメージさせる。
ああ、帰宅したら赤いランプが点灯してるか確認してるんだなぁ。
こんな風に入居者に思わせたら大成功でしょう。

そして、最後には定番の一文で締めくくりましょう。
「もちろん、訪問者の顔が見えるので居留守も完璧です!(笑)」


・・・うん、いい感じですね(嘘)。


部屋に設置するPOPでは録画機能をうまくアピールしましょうね。
録画機能がないアパートとの違いを出せれば、大きなプラスだと思います。

私の造ったPOPは恥ずかしくて出せません(笑)


次回は私のおすすめ「センサー付きキッチンライト」です。


記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ぜひ応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
キッチンライトの記事アップもがんばれます!
posted by がんも at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

バリューアップにもメリハリを!!おすすめアイテム:ホース式混合水栓


ご紹介している格安バリューアップですが、
このドケチさの裏側にはこんな示唆も含まれています。

格安バリューアップで抑えたお金を他のところへ回すべし!


つまり、格安バリューアップで抑えるところは抑える。
その代わり、お金をかけるべきところにはケチらない。

お金の使い方にはメリハリが重要ですからね。



具体的にどこにお金をかけるのかですが、
まずは日常の生活でよく使う設備をワンランクアップさせましょう。

たとえば。

ドアホン → カラーTV付きドアホン
2バルブ混合水洗 → シングルレバー混合栓
紐付きキッチンライト → キッチンライト

これらは中古物件のリフォームでよく交換しがちな設備ですが、
単純にレベルアップした設備では結局はマイナスを無くしただけです。

そこで、プラス機能付きのワンランクアップした設備にすべきなのです。
私は同様のリフォームではこんな設備を導入してます。


ドアホン → (録画機能付き)カラーTV付きドアホン
2バルブ混合水洗 → (シャワーホース付き)シングルレバー混合栓
紐付きキッチンライト → (センサー付き)キッチンライト


プラス機能分の価格は高くなりますが、わずか数千円ですからね。
ここはケチらずワンランクいい設備を取り入れましょう。


ただし、この数千円分のプラス機能を加える上で一つ注意が必要です。


うまくこだわり機能をアピールできれば入居者に響く可能性はありますが、
正直なところ、プラス機能自体に入居の決め手を求めてはいけません。

なんてったってわずか数千円ですから、
あくまで「長期入居のため」と考えて数千円の上乗せをしましょう。


どのみちマイナスをなくすリフォームを行うなら、
もう少し余分に出して少しでも意味あるリフォームにする。これが大切です。


そして、格安バリューアップで色々と細かい気遣いもする。

ちょっとした違いをコツコツと積み重ねて、
大家さんの姿勢をアピールしていくと良い結果に繋がると思います。



・・・・と言いつつ、
実際はどの設備も安いので、結局はドケチリフォームかもしれません(笑)



ちなみに、
私が実際に取り入れているこだわり設備がこれです。


「ホース式混合水栓(整流とシャワーの切り替え付き)」

KVKの「KM550PG」メーカーHP

このホース付きは、実際に生活してみると便利で手放せない商品だそうです。
シンクの隅々まで洗えるし、大きい洗い物も楽々。
加湿器のタンクに水を入れるのも楽そうですね。使ってみないと実感できない便利さらしいです。


a0141.jpg

ホース付きはかなり便利です。
a0151.jpg

シャワーと整流の切り替えもありがたいです。
a0152.jpg


ちなみに、もともとはこんな感じ。
a0039.jpg



浄水器を付けられないのが悩ましいところですが、
水のおいしい地方ならば問題ありません。

「浄水器をお持ちの方向けに、普通のシングルレバー混合栓も準備しております」
こう注意書きしておけば、なおさら大家さんの好印象にもつながるでしょう。




明日は、
「センサー付きキッチンライト」
「録画機能付きTVドアホン」
あたりも紹介します。
録画機能付きは皆さんご存じだと思いますが、キッチンライトはなかなかのアイテムですよ。

乞うご期待??


参考になったと思ったら、ぜひクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

明日もがんばれます。
posted by がんも at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。