2012年01月14日

効果の高い玄関リフォーム



とりあえず5つある。ホントはもっとある。



その前に言っておこう。

玄関は重要だ。重要だが決め手ではない。


決め手じゃないとしたら、なぜリフォームするのか?



それはドアを開けた瞬間に見えるのは玄関だからだ。


内見は「玄関ドアを開けた瞬間」と「部屋に入った瞬間」の二段階の勝負。



まずは玄関ドアを開けた瞬間で、期待を持たせることに徹しよう。

そして、

部屋に入った瞬間にその期待をさらに上回ろう。

条件や設備面で致命傷がなければほぼ決まりだ。



ただし。

玄関で期待を持たせて部屋で裏切ってしまうと決まらない。

裏をかいて、

しょぼい玄関で期待を持たせず、部屋で一気に挽回すればどうか。


それでは成約率はあがらない。我々はギャンブルをしてるわけじゃない。


しょぼい玄関で、しょぼい部屋・・・。頑張って下さい。



やはり玄関で期待させて、部屋でその期待をさらに上回ろう。

今年は辰年。成約率もうなぎ登りだ。


そのためにも!

確実な成約率アップのためには玄関がとても重要なのだ。




そんな玄関のリフォームを紹介しよう。


ただし。他の方々のブログでも色々紹介されている。

そちらの方が参考になるのは間違いないことを先に断っておこう。

自分の発言に保険だ。




では、まず一つ目。


◎土間コンに店舗用クッションフロア(タイルなどもOK)

もしも土間コンのままの物件があるなら、間違いなく実施すべきだ。ホントに効果が高い。




二つ目。


◎鏡で玄関を広く見せる


危ないので外してくれという入居者もいるが、言われれば外せば良いだけ。

鏡が備え付けってこと自体も差別化だが、ドアを開けた瞬間のイメージアップに利用したい。



三つ目。


◎玄関にへこんだ空間があれば、その奥の一面にアクセントクロスを張ろう。

へこみが強調されるので、広く感じる。そしておしゃれにもなる。



四つ目。

◎下駄箱をカッティングシートでおしゃれにしよう。

アパートの下駄箱はありきたりでどこも同じ。ちょっとした違いでイメージアップが可能だ。

何度も言うがドアを開けた瞬間が大切だ。変な色を使うとうざいので注意。



五つ目。

◎小物を引っかけられるフックを用意してあげよう。

それ自体が大きな意味はなさないが、便利さの積み重ねが長期入居につながる。

そして実は、内見時にそこに何を引っかけておくかが重要だ。

飾り付けるモノ次第では、ドアを開けた瞬間のインパクトはかなり大きくなる。

飾り付けるために取り付けると言っても過言ではないかもしれない。



以上5つをあげてみた。ホントは他にも色々ある。と思う。





詳しくは写真付きで無料レポートにまとめた。

嘘だ。

ブログランキングが上がったら書きます。

これも嘘だ。




しかしこれは本当の話!


実はリフォームだけでは効果は少ない。


間違いなく効果が高いのは「飾り付け」だ。つまり小手先のテクニックだ。

小手先テクニックによって「感情」を揺さぶること。


これが成約率を高める上でのキーポイントになる。


リフォーム+飾り付けで玄関をイメージアップする。

そして部屋もリフォーム+飾り付けでイメージアップする。

玄関で期待を持たせて、部屋でさらに期待を上回る。


これで成約率はうなぎ登りだ。



…と、ここまで分かった風に書いてみたが、実はまだまだ試行中だ。

実際ここまでやらなくても決まってしまうこともある。

家賃を上げてもいいのだが、長期入居との兼ね合いが難しい。

私は良い物を安く提供することがモットー。

これが結局は長期入居にもつながると思っている。


やらなくても決まるからって、やらない理由にはならない。

ノウハウの蓄積が重要だ。


2012年は始まったばかり。繁忙期も目の前だ。

みなさん、今年も頑張りましょう!!ではでは
posted by がんも at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆空室対策のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。