2010年04月20日

バリューアップにもメリハリを!!おすすめアイテム:ホース式混合水栓


ご紹介している格安バリューアップですが、
このドケチさの裏側にはこんな示唆も含まれています。

格安バリューアップで抑えたお金を他のところへ回すべし!


つまり、格安バリューアップで抑えるところは抑える。
その代わり、お金をかけるべきところにはケチらない。

お金の使い方にはメリハリが重要ですからね。



具体的にどこにお金をかけるのかですが、
まずは日常の生活でよく使う設備をワンランクアップさせましょう。

たとえば。

ドアホン → カラーTV付きドアホン
2バルブ混合水洗 → シングルレバー混合栓
紐付きキッチンライト → キッチンライト

これらは中古物件のリフォームでよく交換しがちな設備ですが、
単純にレベルアップした設備では結局はマイナスを無くしただけです。

そこで、プラス機能付きのワンランクアップした設備にすべきなのです。
私は同様のリフォームではこんな設備を導入してます。


ドアホン → (録画機能付き)カラーTV付きドアホン
2バルブ混合水洗 → (シャワーホース付き)シングルレバー混合栓
紐付きキッチンライト → (センサー付き)キッチンライト


プラス機能分の価格は高くなりますが、わずか数千円ですからね。
ここはケチらずワンランクいい設備を取り入れましょう。


ただし、この数千円分のプラス機能を加える上で一つ注意が必要です。


うまくこだわり機能をアピールできれば入居者に響く可能性はありますが、
正直なところ、プラス機能自体に入居の決め手を求めてはいけません。

なんてったってわずか数千円ですから、
あくまで「長期入居のため」と考えて数千円の上乗せをしましょう。


どのみちマイナスをなくすリフォームを行うなら、
もう少し余分に出して少しでも意味あるリフォームにする。これが大切です。


そして、格安バリューアップで色々と細かい気遣いもする。

ちょっとした違いをコツコツと積み重ねて、
大家さんの姿勢をアピールしていくと良い結果に繋がると思います。



・・・・と言いつつ、
実際はどの設備も安いので、結局はドケチリフォームかもしれません(笑)



ちなみに、
私が実際に取り入れているこだわり設備がこれです。


「ホース式混合水栓(整流とシャワーの切り替え付き)」

KVKの「KM550PG」メーカーHP

このホース付きは、実際に生活してみると便利で手放せない商品だそうです。
シンクの隅々まで洗えるし、大きい洗い物も楽々。
加湿器のタンクに水を入れるのも楽そうですね。使ってみないと実感できない便利さらしいです。


a0141.jpg

ホース付きはかなり便利です。
a0151.jpg

シャワーと整流の切り替えもありがたいです。
a0152.jpg


ちなみに、もともとはこんな感じ。
a0039.jpg



浄水器を付けられないのが悩ましいところですが、
水のおいしい地方ならば問題ありません。

「浄水器をお持ちの方向けに、普通のシングルレバー混合栓も準備しております」
こう注意書きしておけば、なおさら大家さんの好印象にもつながるでしょう。




明日は、
「センサー付きキッチンライト」
「録画機能付きTVドアホン」
あたりも紹介します。
録画機能付きは皆さんご存じだと思いますが、キッチンライトはなかなかのアイテムですよ。

乞うご期待??


参考になったと思ったら、ぜひクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

明日もがんばれます。
posted by がんも at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆こだわり設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。